Vol. 01 フェルマータと考えるフェムテックの現在

2021.09.24

  • フェムテック
  • fermata
  • FEMTECH
  • Rael
  • EVE
  • Piriod.
  • proof
  • FEATURE

ここ数年で急速にマーケットが広がっているフェムテック市場。しかし日本ではまだその恩恵が行き届いていないのも事実です。世界のプロダクトを日本に紹介し、“誰もが生きやすい世界”のためのプラットフォームを作るべく様々な取り組みを行なう企業〈fermata(フェルマータ)〉に、フェムテックの現状と未来についてお話を伺います。

女性に共通するモヤモヤした思いを解決するために。


今回、お話を聞いたのは〈fermata〉のカマーゴ・リアさん。アメリカ・マサチューセッツのウェルズリー大学で女性とジェンダー学を学んだ後に帰国し、〈fermata〉では堪能な語学力を生かして海外メーカーとのコミュニケーションなどを担当しています。〈fermata〉が創業したのは、2019年のこと。一体どのような思いがあったのでしょうか。

創業者は公衆衛生の博士号を持つAminaとメディア関連の仕事をしていた中村寛子の二人。全く異なるバックグラウンドを持つ彼女たちですが、出会ってすぐに『女性が日本でライフプランを実現していくにはあまりにハードルが多い』という彼女たち自身の経験に基づいた思いで意気投合したようです。フェムテックのプロダクトの展示やワークショップ、カンファレンスを行うイベント『Femtech Fes! あなたの欲しいモノは、みんなの欲しいモノ』を2019年に実施することになり、これが〈fermata〉の始まりです」

イベントに冠せられた「あなたの欲しいモノは、みんなの欲しいモノ」のタイトル通り、イベントには共通するモヤモヤした思いを抱えた女性たちが多く集まりました。海外ではフェムテックという言葉の認知が広がり、実際に商品やデバイスが流行り始めていたけれど、日本ではまだまだその名を聞く機会が少なかった頃。実際どのようにして、世界でフェムテックという言葉が生まれたのでしょうか。

「実はサービスやプロダクト自体は、“フェムテック”がという言葉ができる前からあったものです。例えば最近日本でフェムテックとしてカテゴライズされている月経カップは、タンポンと同じくらいの歴史があるアイテム。繰り返し使えることで発展途上国に寄付されたり、アウトドア業界やサスティナブルに気を遣う人たちからの需要がありました。国内で医療機器として認められて販売されるようになったのは2000年以降ですが、国内メーカーが誕生するなど流通する商品の種類が増えてきたことで最近さらに認知が広まりましたね。 投資家に市場があると示すために欧米でフェムテックという言葉が使われるようになったのは、2010年代の前半です。そう呼ばれるようになってから、アメリカとヨーロッパを中心に爆発的に市場が拡大しました。アジアでの成長が顕著になったのはここ2、3年。アジアや日本国内では、吸水ショーツが盛り上がっています。繊維産業に携わる会社が手を出しやすいということもあり、大手メーカーも参入するなど物の選択肢は増え続けています」

健康課題の解決だけでなく、メンタルのケアも大切。



フェムテックという言葉の誕生の背景には、商品の拡大だけではなく、フェミニズムのムーブメントも関係しているようです。月経にまつわる不便さの解消から、セクシャルウェルネスやメンタルヘルスまで、包括する範囲は広がっているのだとリアさんが教えてくれました。

「フェムテックは、女性の権利を主張するフェミニズムの進化とも共に歩んできました。誕生以来少しずつ言葉の定義も変化していますが、今私たちはフェムテック=生物学的女性に特化した健康やウェルネスの課題を解決するための商品サービス全て、と認識しています。フェムテックというワードがメジャーになるにつれて、その時代の価値観が商品に反映されて市場自体が変化していくのを感じますね。〈fermata〉が目指しているのは、誰もが生きやすい社会。そのために世界のアイテムを日本に紹介したり、ユーザーのフィードバックをメーカーに伝えたり、カンファレンスなどのイベントを開催するなどプラットフォーム作りを進めています」

商品だけでなく、価値観も紹介したい。



イベントの他にも、実店舗「New Stand Tokyo」やオンラインショップなどで世界中のフェムテック アイテムを紹介している〈fermata〉。店舗のコンセプトや、取り扱う商品のセレクトの基準についても伺いました。

「『New Stand Tokyo』の日本第一号店がオープンしたのは、コロナ禍真っ只中の2020年夏。“未来の日用品店”がコンセプトで、ニューヨークにも店舗があります。私たちがキュレーションするフェムテック商品の他にも、店舗を共同運営するWTFCさんがセレクトしたユニークな日用品が並び、普段フェムテックという言葉に触れていない方も実際に商品を手にとり、使い方をイメージしてもらいやすい空間になっています。最初に〈fermata〉が取り扱ったのは、韓国の〈EVE(イヴ)〉というオーガニックコットンを使った吸水ショーツ。商品が良いのはもちろんですが、ジェンダーインクルーシブなコピーやビジュアルを大切にしていたり、サスティナブルにも配慮しているブランドです。会社の価値観自体に共感し、伝えたいメッセージが共通していると感じました。このようにただ海外のものを日本に持ってくることが目的ではなく、価値観や商品・ブランドのストーリーまで含めて日本の市場に自信を持って取り入れられるかという部分は基準として大切にしています。例えば、商品のコピーとして『女性のビジュアルはこうあるべき』といった特定の美的感覚を押し付けるようなメッセージは、私たちが伝えたいこととは真逆。市場が拡大し様々なメーカーが誕生しているだけに、〈fermata(フェルマータ)〉が伝えたいメッセージから乖離したものを手に取らないよう慎重に吟味しているんです」

Life&Beauty by JUN ONLINEでも
取り扱い中のアイテムはこちら

〈EVE(イブ)〉の
月経カップ用消毒ポット&月経カップ

「月経カップにトライするファーストステップとしてはもちろん、防災グッズとしても便利な月経カップと消毒ポッドのセット。ケースに月経カップを入れて水を注ぎ、電子レンジに3分入れると煮沸消毒と同じ効果を得られます。カップを使っていない時にしまうケースとしても使えて携帯でき、ケースがいらないときは折り畳めばコンパクトになります」

Life&Beauty

【EVE】月経カップ用消毒ポット【フェムテック】

¥1,470

ADD TO CART

〈Rael(ラエル)〉の
生理周期別 /全4種 フェイシャルマスク

「月経周期に合わせて、自分の肌が欲しているものを選べる4種類のフェイスマスク。それぞれ良い香りなので、香りで選ぶのも良いと思います。仕事や運動も無理して毎日同じことをやり続けるのではなく、ホルモンによる体の変化を意識して時には休憩を入れても良い。このアイテムによって、そんなことを意識するきっかけになると良いですよね」

【Rael】生理周期別/全4種 フェイシャルマスク【フェムテック】

¥1,980

Life&Beauty

【Rael】生理周期別/全4種 フェイシャルマスク【フェムテック】

¥1,980

WEEK1

ADD TO CART

Life&Beauty

【Rael】生理周期別/全4種 フェイシャルマスク【フェムテック】

¥1,980

WEEK2

ADD TO CART

Life&Beauty

【Rael】生理周期別/全4種 フェイシャルマスク【フェムテック】

¥1,980

WEEK3

ADD TO CART

Life&Beauty

【Rael】生理周期別/全4種 フェイシャルマスク【フェムテック】

¥1,980

WEEK4

ADD TO CART

〈Period(ピリオド)〉の吸水ショーツ

「私自身も愛用している吸水ショーツです。足ぐりの締め付けがなく履き心地が良くて、自分にとっては吸水量も過不足ないので気に入っています。吸水量は20mlあるので、これ一枚でももちろん使えますし、月経カップと併用すればより安心して使えます。」

〈proof(プルーフ)〉の吸水ショーツ

「〈proof〉はアメリカのブランドで、吸水ショーツ以外に吸水ブラも出しています。母乳が出る時期や、運動して汗をかいた時に普通のブラが蒸れるのが不快な方におすすめ。Tバックのタイプもとても人気がありますね。パッケージが工夫されていて、吸水量によって箱の色が違うんです。箱の色が薄いものは吸水量が少なく、濃いものは吸水量が多い。一番色が濃いワイン色のパッケージのものは、一番薄いものの倍吸収してくれます。」

選択肢が増えてきているだけに、「自分に合ったアイテムは何か」と悩んでしまうこともあるフェムテックアイテム。〈fermata〉は、ブランドのコンセプトやメッセージに共感したものを使ってみる、という基準を提示してくれました。フェムテックの世界は、女性の心身への悩みの数の多さを示すように、広がり続けているようです。


TEXT: RIO HIRAI
PHOTO: SOICHI ISHIDA

fermata

「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」
日本のフェムテック市場を創出し、今まで「仕方ない」と見過ごされてきたウェルネス課題への解決策を届ける。

https://hellofermata.com/

New Stand Tokyo

ADDRESS: 〒106-0032
東京都港区六本木 7-2-8 WHEREVER 1F
OPEN: 月・水~金・日 12:00-19:00
CLOSE: 火・土

エディター RIO

大学在学中に編集アシスタントをスタートし、2016年独立。
ライフスタイル全般の様々なテーマに取り組みながら自分の働きやすさを追求した結果、
フェムテックに助けられ、女性誌で特集を担当するように。

フェムテックをもっと知る

  • 〈メルーナ〉を知るための5つのこと

    ブランド哲学に触れられる5つのトピック。
    毎日に取り入れるもので、暮らしの質まで変わってくるから、
    どんな想いで生まれ、何にこだわっているのか、そのストーリーにも耳を傾けたい。

    Me Luna FEMTECH フェムテック 生理 BRAND STORY
  • HELLO FEMTECH 「フェムテック」ってなんですか?

    ここ最近メディアでよく耳にする言葉「フェムテック」。女性ならではの体の問題を解決、改善しようと、様々なサービスやプロダクトが日々新たに生み出されています。そこには、現代を生きる女性達に取り入れてほしい、新たな美容と健康習慣のヒントがたくさん。

    FEMTECH デリケートゾーンケア 生理 フェムテック FEATURE
  • フェルマータが見据える未来

    世界のフェムテックに関連するプロダクトを日本に紹介し、“誰もが生きやすい世界”のためのプラットフォームを作るべく様々な取り組みを行なう企業〈fermata(フェルマータ)〉。月経にまつわる悩みを解決するためのアイテムを紹介した1回目に続き、2回目となる今回はフェムテックが解決できることの更なる可能性を探ります。

    FEMTECH フェムテック fermata PEOPLE FEATURE
  • 使ってみました! 吸水ショーツ座談会

    下着そのものが液体を吸収してくれる「吸水ショーツ」。この1年でさまざまなブランドから登場し、その使いやすさから注目されているアイテムです。ただ、ムレやニオイなど、不安要素があるのも事実。そこで今回は、連載企画『SPORTS WOMAN』で登場したマリジョゼさん、山本まさみさん、三井麻央さんに実際に試していただき、その感想を語り合ってもらいました。彼女たちのリアルな声をもとに、ぜひ参考にしてみてください。

    フェムテック 吸水ショーツ PEOPLE FEMTECH 生理 FEATURE
  • 今月、菊乃が気になるもの AUGUST

    デザイナー、モデルとして活動する菊乃が毎月気になるアイテムをピックアップする連載企画「KIKUNO'S EYE-今月、菊乃が気になるもの」。今月はつらい生理期間を快適にアップデートしてくれる、フェムテック商品を中心に紹介していきます。

    KIKUNO'S EYE proof Be'-A Rael BEIGIC FEMTECH フェムテック PEOPLE FEATURE
  • 〈ベア〉を知るための5つのこと

    ブランドの哲学にも触れられる5つのトピック。
    毎日に取り入れるもので、暮らしの質まで変わってくるから、
    どんな想いで生まれ、何にこだわっているのか、そのストーリーにも耳を傾けたい。

    Bé-A 吸水ショーツ フェムテック FEMTECH 生理 BRAND STORY
  • 30代から始めたいフェミニンケア

    デリケートゾーンと呼ばれる膣や膣周りは身体のなかでも経皮吸収率が高く、女性にとって大切なエリア。欧米では専用のアイテムでケアするのがスタンダードだけど、日本ではまだ発展途上。フェミニンケアは今だけではなく、更年期や老年期にも関わる大切なことなので、正しい知識とともにいち早くケアをスタートさせましょう。

    フェムテック INTIMINA Waphyto 膣トレ FEMTECH FEATURE
  • 森田敦子が考える美しい生き方

    日本における植物療法の第一人者として知られる森田敦子さんが手がける〈Waphyto(ワフィト)〉は、昨年のデビュー以降、美容のプロもうならせる名品を続々と輩出しています。ブランド誕生に至るまでのストーリーやこれからの未来のことなど様々なお話を伺いました。1人の女性の情熱と慈愛が、ブランドの枠を超えて時代のうねりを生み出そうとしていると感じた取材を2回に分けてお届けします。

    Waphyto PEOPLE フィトテラピー FEMTECH FEATURE
  • 素敵な人は知っている「フェムテック」。進化する生理用品編

    女性ならではの体の問題を解決、改善しようと、様々なサービスやプロダクトを日々新たに生み出す「フェムテック」。そこには、現代を生きる女性達に取り入れてほしい、新たな美容と健康習慣のヒントがたくさん。デリケートゾーンケア、ピリオドパンツに続き、第三回となる今回は、地球と体に優しい生理用品をピックアップしました。

    FEMTECH フェムテック NATURAMOON INTIMINA フルムーンガール MOON PANTS 生理 FEATURE
  • 〈ワフィト〉を知るための5つのこと

    ブランドの哲学にも触れられる5つのトピック。
    コスメは自分を作る一部のようなものだから、どんな想いで生まれ、何にこだわっているのか、そのストーリーにも耳を傾けたい。

    フェムテック Waphyto FEMTECH スキンケア ヘアケア SKINCARE HAIRCARE BRAND STORY
  • 〈ムーンパンツ〉を知るための5つのこと

    ブランドの哲学にも触れられる5つのトピック。
    身につけるもので、暮らしの質まで変わってくるから、
    どんな想いで生まれ、何にこだわっているのか、そのストーリーにも耳を傾けたい。

    MOON PANTS フェムテック 吸水ショーツ FEMTECH BRAND STORY
  • 素敵な人は知っている『フェムテック』。生理中アイテム編

    ここ最近メディアでよく耳にする言葉「フェムテック」。女性ならではの体の問題を解決、改善しようと、様々なサービスやプロダクトが日々新たに生み出されています。そこには、現代を生きる女性達に取り入れてほしい、新たな美容と健康習慣のヒントがたくさん。デリケートゾーンケアを紹介した前編に続き、後編では、生理中におすすめのアイテムにフォーカスします。

    FEMTECH MOONPANTS K+1% TSUNO フェムテック FEATURE
  • 今月、菊乃が気になるもの OCTOBER

    デザイナー、モデルとして活動する菊乃が毎月気になるアイテムをピックアップする連載企画「KIKUNO’S EYE-今月、菊乃が気になるもの」。今月は日本発のCBDブランドやキャンドル、ヘアケアアイテムと、ちょっとスピリチュアルなアイテムもご紹介。「言葉で説明するのはちょっと難しいんだけど、私の率直な意見を届けられたらと思います!」

    KIKUNO'S EYE cado CBD BODYCARE FOOD HAIRCARE PEOPLE FEATURE
  • 〈メルーナ〉を知るための5つのこと

    ブランド哲学に触れられる5つのトピック。
    毎日に取り入れるもので、暮らしの質まで変わってくるから、
    どんな想いで生まれ、何にこだわっているのか、そのストーリーにも耳を傾けたい。

    Me Luna FEMTECH フェムテック 生理 BRAND STORY
  • 秋のURBAN SPORTS STYLE

    スポーツの秋。気温も落ち着き、体を動かすにもぴったりな毎日に。
    NERGYの新作からURBAN SPORTS STYLE(アーバンスポーツスタイル)をご紹介。

    NERGY NIKE YOGA TRAINING RUN&WALK FEATURE
  • emblème{S}(アンブレームエス)新作入荷

    ヨーロッパの伝統的なテーブルウエアをベースに、現代のライフスタイルに使い易くアップデートした器や生活雑貨を提案する「emblème{S}」(アンブレームエス)シリーズ。
    食卓を華やかに彩り、食材を引き立てるイエローをキーカラーにした新作をリリース。テーブルが華やぐだけでなく、使い心地もよいアイテムがそろいます。

    SALON adam et ropé KITCHEN embleme S うつわのある暮らし FEATURE
  • あの人の台所 Vol. 03 浅野美奈弥さん モデル・料理家

    クリエイターのキッチンを訪ねるIN THE KITCHEN連載3回目は、モデルで料理家の浅野 美奈弥さんが登場。野菜を食べてキレイになるをモットーにしたケータリングサービス「美菜屋」とピンクの外壁のキュートなフードスタンド「Minaya Stand」を営んでいます。Life&Beauty by JUN ONLINEのラインナップから、使ってみたいアイテムをピックアップしていただき、彼女のパーソナリティに迫ります。

    IN THE KITCHEN KITCHEN SALON adam et ropé ZERO MAKER eat bin PEOPLE FEATURE
  • 服を着替えるように毎日楽しむ、朝昼夜いつでも手軽に食べられるビン

    気分に合わせて服を選ぶように、食事だって変化を楽しみたい。そんなときにぴったりなSALONのビン詰めフード「eat bin(イートビン)」。

    世界中から厳選した“おいしい”を詰め込んだ、ファッションアイテムみたいに可愛いビンは、朝はパン、昼はごはん、夜はワインのお供にと、さまざまなシーンに合う多彩なラインナップ。

    保存が効くからいつでも手軽に食べられて、リユースできるビンだからサステナブル。おいしい時間を彩る万能ビンを、あなたの毎日に。

    SALON adam et ropé eat bin FOOD FEATURE