〈ベア〉を知るための5つのこと

2021.07.09

  • Bé-A
  • 吸水ショーツ
  • フェムテック
  • BRAND STORY

ブランドの哲学にも触れられる5つのトピック。
毎日に取り入れるもので、暮らしの質まで変わってくるから、
どんな想いで生まれ、何にこだわっているのか、そのストーリーにも耳を傾けたい。

1. メイドインジャパンの新星吸水量No. 1*¹超吸収型サニタリーショーツ

フェムテックという言葉の広がりとともに、徐々にサニタリー界で新たなチョイスのひとつとして存在感を大きくしている吸水ショーツ。Bé-A〈ベア〉も超吸収型サニタリーショーツやシルクナプキンを手がける日本発のフェムテックブランド。ベビー用肌着からシニア向け尿もれ下着までを手がけている国内屈指の縫製工場とともに、約2年以上の歳月をかけて完成。職人の手によって、一つ一つ丁寧に作られているジャパンクオリティのサニタリーアイテムです。
*¹:日本に流通する主な吸水型サニタリーショーツ13品において
(2021年4月一般社団法人カケンテストセンター調べ)

2. 圧倒的な吸水量

Bé-A〈ベア〉の超吸収型サニタリーショーツの最大のポイントであるのが、吸水量。他ブランドでは30ml前後の吸水量が多い中、Bé-A〈ベア〉の吸水量は約120ml*²と圧倒的。今まで吸水ショーツは多い日や外出時間が長い日は使えないかもと思っていた悩みも解決してくれるアイテムなのです。大量に吸水するとムレ感が気になるといった懸念も、5層の吸収体が下へ下へと液体を送ってくれるので表面はさらっとして快適。通常の下着のようなつけ心地でブルーデイからも解放!
*²:公的検査機関のデータにより算出

3. 豊富なサイズでどんな女性にもフィット

吸水ショーツといった機能性アイテムになると、サイズ展開が限られていることも多いけど、Bé-A〈ベア〉はその豊富なサイズ展開も魅力です。S(7号)〜3L(15号)という豊富なラインナップは、体型を選ばず全ての方のサニタリーライフを快適にしたいという想いが感じられる。サイズ感は漏れを防ぐ意味でもジャストサイズが望ましいため、サイズに迷った時は小さめサイズをセレクトすることをおすすめします。

4. 専用洗剤不要とプラスアルファの優れた機能性

お手入れは簡単で、吸収体の部分だけ水もしくはぬるま湯(40度以下)でもみ洗い。水が綺麗になったら、洗濯機へGO。つけ置き洗いや専用洗剤が必要ないのはとっても気軽で嬉しい。筆者はお風呂のコンディショナーなどの待ち時間にお風呂場で下洗いをしていますが、とっても簡単でノーストレスです。100回洗っても吸水量が変わらない耐久性*³や一般的な生地の5倍の抗菌力*³、冷えやすいおなかの部分は2枚の布を用いた温もり設計がされており、吸水だけにどどまらないプラスアルファの機能にも優れています。
*³:公的検査期間による試験

5. 敏感肌の人には羽根つきシルク布ナプキンも

「肌が敏感でかぶれやすい」といった女性たちの声を受けて、Bé-A〈ベア〉では布ナプキンもラインナップ。漏れやかぶれの悩みをターゲットにしているので、羽付き7層構造により安心の使い心地かつ、肌に触れる部分は国産シルク100%で肌触りも快適。今までの布ナプキンのデザインにはあまり見られなかったオールブラックのデザインは、色シミが目立つストレスがないだけでなく、スタイリッシュなヴィジュアルも魅力的です。量が多い日はBé-A〈ベア〉の超吸収型サニタリーショーツのバックアップアイテムとしても活躍してくれます。

my first item for Bé-A
はじめに買うならこれがオススメ!

【Bé-A〈ベア〉】ベア シグネチャー ショーツ02【フェムテック】
¥7,590(税込)

5層の構造で約120ml*²もの液体をしっかり吸収。防水生地による横漏れ防止テープで漏れの心配を軽減するほか、抗菌・防臭加工やお腹周りの温もり設計も嬉しいショーツ。
*²:公的検査機関のデータにより算出




TEXT: AYAKO UENO

エディター AYAKO

雑誌のビューティ担当などを経てフリーに。気になるコスメや美容法はすぐにトライする派で最近はインナービューティに興味津々。
料理と美味しいお店探しも大好きな食いしん坊。