高発色でも爪に優しい、ネイルマティックのセルフネイル

2021.04.30

  • CHAT TIME
  • nailmatic
  • COLUMN

by Eimi Hayashi

新緑がまぶしい季節を迎え、装いにも鮮やかさが欲しい今日この頃。長引くマスク生活でメイクへのモチベーションは下がりっぱなしですが、かわりに手元をカラフルにすることが多くなりました。ずっとニュアンスカラーばかりだったセルフネイルも、この春先からは主張の強い色を取り入れて楽しんでいます。

最近のお気に入りは、フランス発ネイルマティックの「ピュアカラー マイキー」。青々とした葉っぱを連想させるグリーンは、まさにこの時期にふさわしいカラー! と心を奪われました。パキッとした色味ですが落ち着いたトーンなので、ポップに転ばず、程よい品とモード感を与えてくれます。

発色がいいので二度塗りの必要がなく、太めの筆で塗りやすいし、乾くのも早い。しかも成分はトウモロコシや小麦など、ほぼ植物由来のもので、爪にかかる負担が少ないのもうれしいポイントです。仏頂面でPCに向かっているときも、指先のグリーンがふと目に入るだけで気分が和らぐんですよね。私はひそかにこれを「オアシスネイル」と呼んでいます。色のパワーってスゴイ!

さて。一度スイッチが入るとセルフネイル熱がヒートアップし、時間に余裕があればその日の気分でネイルの色を変えるなど、自分でもびっくりするくらい指先に気合いが入っています。そこで気になってくるのがリムーバー。手頃なものを使いたいけれど、あのツンとするニオイがどうも苦手です。使うたびに部屋に充満するし、爪にもよくなさそうだし。

リムーバー難民だった私に救いの手を差し伸べてくれたのが、ネイルマティックの「ネイルポリッシュリムーバー クイック&イージー」。まず何がいいって、天然由来成分100%処方であること。リムーバー特有のニオイがなく、ラベンダーの香りがふんわりと漂います。アセトンフリーで、指先がカサカサになる心配もありません。

素晴らしいのはそれだけじゃありません。一般的な液体タイプではなくディップインタイプのこちら、容器内にはスポンジが入っていて、その中に指を入れて爪を軽く擦るだけで、ネイルカラーがすっきりと落ちるんです。「ピュアカラー マイキー」のような濃い色もスルリとオフできて感動! 一度で取り切れなかった部分も、ディップ後にコットンで拭き取ればきれいに落とせます。

自爪をいたわりながら素早くオフできて、嫌なニオイもなし。これはもうやみつきになる使い心地です! セルフネイル派の方はぜひ試してみてください。

NERGY

【nailmatic】LAVENDER REMOVER 30ml (Dip in)

¥2,200

ADD TO CART

エディター EIMI

広告代理店勤務を経て、フリーランスのエディター/ライターとしての活動を開始。
ファッション誌を中心にコラムやインタビュー記事などを執筆中。
三度の飯よりミステリー好き。

  • 梅パワーでウイルスに負けない体づくり。

    「延楽梅花堂の杉田梅に出合って、梅干し嫌いを克服できた」という声に、一気に食指が動きました。神奈川県小田原市の梅林で無農薬栽培されている杉田梅。中には樹齢300年を超える大樹もあり、貴重な品種で「幻の梅」とも呼ばれています。延楽梅花堂の梅製品にはこの杉田梅が使われており、そのすべてを手作りしているのが店主の乗松祥子さん。実は彼女自身も、もともとは梅干しが苦手だったそうです。通常の梅よりもひときわ大きく密度の高い杉田梅には、クエン酸が豊富に含まれており、免疫力を高めてくれます。特に力強い酸味のある梅干しは、一度食べるとやみつきに。サロン アダム エ ロペのスタッフも声を揃えて絶賛する、こだわりの手作り梅製品をご紹介します。

    免疫力アップ ごはんのおとも 延楽梅花堂 COLUMN
  • 今月、菊乃が気になるもの JULY

    デザイナー、モデルとして活動する菊乃が毎月気になるアイテムをピックアップする連載企画「KIKUNO’S EYE-今月、菊乃が気になるもの」。関東地方もついに梅雨明け。暑さが厳しいこの時期の気分をリフレッシュさせてくれるお香、お掃除グッズを紹介します。

    KIKUNO'S EYE KIKUNO PEOPLE FEATURE
  • はじめよう!宅トレ

    NERGY プロテイン おうち時間 FEATURE
  • ~おうちで快適~スポーツ観戦!

    お家でスポーツ観戦する機会も増えるなか、NERGYのリモート応援スタイルをモデル・YouTuberの石井亜美(いしい あみ)さんがご紹介。いつでもそのままトレーニングが出来る、体を動かすことに適した注目の新作ウェアをご覧ください。

    NERGY おうち時間 FEATURE
  • 「duft」若井ちえみさんに聞く花の選び方・活け方

    花本来の美しさを引き立てるミニマルなデザインが魅力の花器ブランド〈ANDSPACE / ReANDSPACE〉。
    おうち時間が増えた昨今、お気に入りの花器に花を生ける習慣ができた方も多いはず。
    今回は、松蔭神社のフラワーショップ「duft」のオーナー、若井ちえみさんに、ガラスの花器に合った花の選び方、活け方を教えてもらいました。

    ANDSPACE / ReANDSPACE 花器 おうち時間 FEATURE
  • エディターのモノ語り JULY 2021

    Life&Beauty by JUN ONLINEのコントリビューティング・エディターが気になるアイテムを使ってみました!
    プロの視点からセレクトしたアイテムを、饒舌なモノ語りとともに紹介します。

    CHAT TIME SENSE OF HUMOUR FERMENSTATION Andree Jardin COLUMN