頑張らずにトレンドヘアを手にいれる

2020.12.04

  • おうち美容
  • HAIRCARE
  • miel
  • ヘアスタイリング
  • HOW TO
  • FEATURE

美容室でケアやスタイリングをしてもらった時はいい感じだったのに、家でやってみたらうまくいかない……。そんなあるあるな悩みを解決するべく誕生した人気サロン GARDEN発の「miel」シリーズ。インバスからスタイリングに至るまで、簡単に旬なムードをまとったトレンドヘアが作れるヘアプロダクトの使い方をご紹介。毎日のことだからこそ、難しいことは抜き!が嬉しいアイテムたちです。

サロンクオリティのトリートメントを自宅で

サロントリートメントを自宅で簡単に使えるように開発された「ミエルプレミアムトリートメント」。髪のダメージ(※)を補修してくれるプラチナシルクを配合。メドウフォームという花から採れる成分ラクトンが熱に反応して、ドライヤーからのダメージ(※)からもプロテクト。さらにシアバターなど植物由来の保湿成分でしっとりと潤います。使い方はシャンプー後の髪になじませて流すだけ。基本は週1回、ハイダメージの方は2〜3日に1度がおすすめです。 ※乾燥による

シャンプーをした後の髪にダメージが気になる部分を中心に髪の根元以外にしっかりとなじませます。基本の量は500円玉大。カスタードクリームのようなテクスチャーのクリームがしっかりと髪にまとわりついてくれます。目の荒いコームでとかすとさらに密着感が増して隅々まで行き届きます。時間のある時は10分待って流すと潤い感がアップ。

Life&Beauty

【miel】プレミアムトリートメント 200g

¥3,520

ADD TO CART

ドライヤー時間を時短しながら潤いもアップ

一言でいうなら、「ドライヤーの熱を味方につけてくれるオイル」。濡れた髪になじませて指通りを滑らかにしてくれるプラチナシルクと熱に反応して潤いが増すメドウフォームを配合。植物由来成分100%のオイルは乾きにくいというデメリットを考えて、髪が乾きやすい配合に調整したという、乾かす時間の短縮化にも着目したこだわりアイテム。

タオルドライした髪の毛に馴染ませる。ロングヘアの場合は3プッシュがおすすめ。さらっと伸びるテクスチャーなので、手がべたつかずに使いやすく、ラベンダー・オレンジを基調とした精油の香りも心地よく香ります。

毛先の乾燥が気になる毛先には、特によく揉み込んで。髪にスタイリング剤をあれこれ塗るのが苦手だという人は、このオイルを仕上げ用として使っても。塗っている感がないのにスタイルを整えてくれます。

Life&Beauty

【miel】プレミアムヘアオイル

¥3,080

ADD TO CART

ビギナーも簡単! 質感とセット力で選ぶ3タイプ

トレンドヘアを生み出すmielのスタイリング3姉妹。共通点は使用感が簡単であり、植物由来成分99%以上が配合されているということ。質感やセット力が異なるので、順番に見ていきましょう。まずは、写真左のオイルクリーム。オイルとバターを混ぜたようなテクスチャーで、髪にツヤと程よい束感を作り、さまざまなスタイルに対応する万能選手。この“束感”がおしゃれヘアの鍵、ナチュラルだけど髪に表情が生まれます。写真中央のグロスオイルは、朝つけたら夜までスタイリッシュなセミウェット感をキープ。このオイルは本当に優秀で、ありがちなベタっと感はなく、すっと髪に馴染んで美しい素髪のように見せてくれます。「ヘアバター」は最もセット力があり、動きのあるスタイルに最適でキープ力も高いアイテムです。

バター状の剤を手に取り、手のひらでなじませてオイル状になってから髪になじませます。毛束をねじりながら揉み込むと、バランスよく髪に塗布することができます。髪になじませると、剤が元の形状に戻るため、自然なホールド力が生まれます。

髪全体に手ぐしでなじませてからアレンジを施すことで、扱いやすい髪になるだけでなく、固めすぎない自然なまとまり感が生まれます。髪の自然な動きを生かしたアレンジに取りれやすいヘアバターです。

Life&Beauty

【miel】ハーブバター

¥2,200

ADD TO CART

Life&Beauty

【miel】グロスオイル

¥3,190

ADD TO CART

Life&Beauty

【miel】オイルクリーム

¥2,530

ADD TO CART

寒さが増し、空気の乾燥によるダメージも気になってきたので、トリートメントやオイルなどを日々のルーティンケアに取り入れて、乾燥の季節を美しい髪で乗り切りたいですね。ケアアイテムで整えた髪をさらに魅力的に仕上げてくれるコツいらずのスタイリング剤は忙しい朝の強い味方。髪が決まると自然と自信も生まれてくるはず。頼れるプロダクトたちとともに、気持ちの良い1日をスタートさせてください。




TEXT:AYAKO UENO
MODEL: TOMOKA NITTA(SATORU)
HAIR&MAKE-UP:AYANO SUZUKI(GARDEN Tokyo)

エディター AYAKO

雑誌のビューティ担当などを経てフリーに。気になるコスメや美容法はすぐにトライする派で最近はインナービューティに興味津々。
料理と美味しいお店探しも大好きな食いしん坊。

  • 今月、菊乃が気になるもの OCTOBER

    デザイナー、モデルとして活動する菊乃が毎月気になるアイテムをピックアップする連載企画「KIKUNO’S EYE-今月、菊乃が気になるもの」。今月は日本発のCBDブランドやキャンドル、ヘアケアアイテムと、ちょっとスピリチュアルなアイテムもご紹介。「言葉で説明するのはちょっと難しいんだけど、私の率直な意見を届けられたらと思います!」

    KIKUNO'S EYE cado CBD BODYCARE FOOD HAIRCARE PEOPLE FEATURE
  • 〈メルーナ〉を知るための5つのこと

    ブランド哲学に触れられる5つのトピック。
    毎日に取り入れるもので、暮らしの質まで変わってくるから、
    どんな想いで生まれ、何にこだわっているのか、そのストーリーにも耳を傾けたい。

    Me Luna FEMTECH フェムテック 生理 BRAND STORY
  • 秋のURBAN SPORTS STYLE

    スポーツの秋。気温も落ち着き、体を動かすにもぴったりな毎日に。
    NERGYの新作からURBAN SPORTS STYLE(アーバンスポーツスタイル)をご紹介。

    NERGY NIKE YOGA TRAINING RUN&WALK FEATURE
  • emblème{S}(アンブレームエス)新作入荷

    ヨーロッパの伝統的なテーブルウエアをベースに、現代のライフスタイルに使い易くアップデートした器や生活雑貨を提案する「emblème{S}」(アンブレームエス)シリーズ。
    食卓を華やかに彩り、食材を引き立てるイエローをキーカラーにした新作をリリース。テーブルが華やぐだけでなく、使い心地もよいアイテムがそろいます。

    SALON adam et ropé KITCHEN embleme S うつわのある暮らし FEATURE
  • あの人の台所 Vol. 03 浅野美奈弥さん モデル・料理家

    クリエイターのキッチンを訪ねるIN THE KITCHEN連載3回目は、モデルで料理家の浅野 美奈弥さんが登場。野菜を食べてキレイになるをモットーにしたケータリングサービス「美菜屋」とピンクの外壁のキュートなフードスタンド「Minaya Stand」を営んでいます。Life&Beauty by JUN ONLINEのラインナップから、使ってみたいアイテムをピックアップしていただき、彼女のパーソナリティに迫ります。

    IN THE KITCHEN KITCHEN SALON adam et ropé ZERO MAKER eat bin PEOPLE FEATURE
  • 服を着替えるように毎日楽しむ、朝昼夜いつでも手軽に食べられるビン

    気分に合わせて服を選ぶように、食事だって変化を楽しみたい。そんなときにぴったりなSALONのビン詰めフード「eat bin(イートビン)」。

    世界中から厳選した“おいしい”を詰め込んだ、ファッションアイテムみたいに可愛いビンは、朝はパン、昼はごはん、夜はワインのお供にと、さまざまなシーンに合う多彩なラインナップ。

    保存が効くからいつでも手軽に食べられて、リユースできるビンだからサステナブル。おいしい時間を彩る万能ビンを、あなたの毎日に。

    SALON adam et ropé eat bin FOOD FEATURE